食費の支払いはカード支払いでお得に?ポイントを活用しよう

カード

毎月の食費を一体どのようにして支払っているかと質問されれば、多分現金で支払っていると答える人が多いかもしれませんね。もちろん現金支払いが悪いわけではないけど、私はお得なカードによる支払いをおすすめします。食費以外の支払いもまとめてできる場合もあるので、これを機に新しく作ってみてはいかがですか。

節約家こそクレカを使うべき

たとえばコンビニやスーパーで食材を買うとき、レジでお金を支払うのが一般的かもしれません。だけど中にはカードでピピッと決済を済ませて、足早にレジを去る人もいると思います。決済時間が短縮されてお釣りもないから、買い物をする人もレジの店員さんも得をすると思います。私も双方にメリットがあることに魅力を感じているので、カード支払いを選んでいます。

カード支払いをおすすめする理由は、まず支払い管理がしやすいところにありますね。食費をその他の決済をカード払いで行うと、すべての支払いの明細が利用日や利用した店舗ごとに記録されます。紙のレシートよりもまとめて見やすいことがメリットです。食材の購入費の他にも、飲食店の決済に関する情報も記録されます。

たとえばクレジットカードの場合、カード会社のウェブページやアプリから情報がチェックできるでしょう。わざわざ紙の資料を見なくても、スマートフォンがあれば時間や場所に制限されません。

クレジットカード払いだとポイントが貯まる

おすすめする理由はもう1つあります。決済にカードを利用することで、ポイントが貯まるからです。お店で食材の買い物したときだけではなく、飲食店でもカード決済に対応しているところならポイントが貯まります。レジ本体かすぐ近くにカード情報を読み取るための機械があり、そこにかざすだけで決済とポイント付与の手続きが行われるのです。

貯まったポイントは、ポイント決済可能なお店であれば決済に使えますよ。お気に入りの飲食店で食事をしてコツコツとポイントを貯めれば、それを使って食事を楽しむことも可能です。食費に充てるだけではなくて、その他の実店舗での買い物やインターネット上の決済に使える場合もあります。

図書カードや通販サイトのギフトカードと交換したり、他者ポイントと交換できる場合もありますよ。使えるポイントを貯めながら、食費の決済を短時間でできる。そう考えると、カード決済はかなりお得ですよね。

私も外食するときの楽しみが美味しい料理を堪能できる以外に、お店を利用する場合、事前にそのお店が対応しているカードの種類をチェックしておきましょう。クレジットカードやその他の決済用のカードは、全種類がすべてのお店で使えるとは限りません。どのお店でどの種類のカードが使えるか、事前に把握しておきましょう。

カード決済に興味がある人たちには、節約をしている人もいるでしょう。貯まったポイントはお金のように使えるので、食費の支払いをしながらお金が稼げるようなものです。でも還元率の低いカードの場合、十分な買い物や食事ができるだけのポイントが貯まるまでに時間やお金がかかるかもしれません。ポイントをドンドン貯めたいなら、還元率の高いカードがおすすめです。

現金払いばかりしていてお金がない!どうしようとなっている方は節約するだけでなく支払いをカードに変えるなどの対策はもはや必須です。

ポイント還元率重視でカードを選ぶ

私も初めてカードを作ろうとしたとき、ポイントの還元率を重視して選びましたね。ただ有名だからという理由で選んでも、その後に機能性に優れた新しいカードが登場して損をしてしまうかもしれません。複数のカード会社の情報を比較して、最も良いと思えたものがイチバン良いと思います。

カードによる支払いに興味を持った人は、今からでも申し込むことをおすすめします。入会料や手数料が無料のカードもいくつかあるし、わからないことがメールや電話などで相談できるはずです。食費の支払いをカードで行うことが、これからの時代では常識になるかもしれませんよ。