薬を変えてもらったら驚くほどの効果がありビックリです

投薬治療をずっと続けています。もともと薬が嫌いというか、副作用がこわいせいもあって指示された分量を守る事はあまりありません。体が小さい事もあって、普通の分量では多すぎると思ってしまうのもあります。

いつも処方された薬は半分から三分の二くらいしか飲んでおらず、効き目もほとんど感じた事はありませんでした。それをそのまま医師に伝えてしまうと、薬づけにされるか治す気が無いとみなされるのが怖くて少しだけ聞いたふりをしていました。

前回の診療の時にも三種類飲んでいる薬のうちに種類はまぁまぁ効き目が実感できていて一つだけはあまり実感がないと伝えました。すると医師は薬を変えてみましょうと言ってくれました。

そもそも医師の選ぶ薬は裏で何かあるのではとの猜疑心もあり信用などしていなかったのですが、素直に従わないといい事はありませんからお礼を言って新しい薬に変えてもらいました。

薬局での説明は依然と変わりなくただ眠気には気を付けて服用は夜にしてくださいとの事でした。眠気は私にとってはウェルカムなのでそこだけ少し期待を持つことが出来ました。

特に効果に期待をしたわけでもなくたまには指示通りに飲んでみようと思い、その日の夜には言われた通りの分量を服用して寝ました。

寝つきが良くなり行動効率が上がった

翌朝起きてみると、なんと11時半になっていました。アラームが毎日06:00にセットしてあるというのに全く気が付かなかったのです。そして思い出してみると、寝つきも普段より相当良かった気がしました。

ただ眠るだけなら睡眠薬でいい訳ですが、その日は明らかに前とは違った精神状態になりました。いつもなら細かい事を考え始めるとイライラ感で混乱してしまうのが、考えること自体が面倒になり結果としてイライラが無くなったのです。

イライラ解消

そして予定を考えたりする時にもそれがいいように作用してくれて、あまり深く考えずに完結出来たのです。実際の行動でも反射的に動けるようになり、こなせる仕事量が増えたのです。

この事は前から医師にも言われていたことなのですが、あれこれ考えすぎると行動に支障が出るというのは事実だったと痛感しました。

しかしながらいい事ばかりでもなく、道を歩いていても注意力が散漫になり、信号を見落としたりすることがありました。それでも副作用の危険性よりイライラが収まる事の方が嬉しく感じていて、外出時の対策を考える事が楽しくさえ感じています。