本年で最後の保育所の運動会です。色んな事を思い出してしまいそうです

今日は次男にやや遅れて長男の運動会です。保育所を二人違う所に通っているので、イベントも二倍です。

他の人は大変だねと言いますが、私はすっかり慣れてしまい特に何も感じていません。長男はこれで最後の運動会になります。

産まれて、産休の後は私は仕事に復帰しました。生後6カ月が丁度保育所の一斉入所でもあり、難なく入る事が出来ました。

それから2カ月で引っ越しをし、先方で新しく出来た保育所に一番小さいクラスとして入る事が出来たタイミングで家族で移りました。建物も新築で、園庭もなく、屋上で遊ぶと言う今時の保育所です。

平仮名や時計の見方は既にマスターしています。毎日の保育の中で教えてくれています。逆上がり、跳び箱、縄跳びもできる様になって、嬉しそうに見せてくれます。

息子の活躍が楽しみです

そんな保育所で運動会が初めてあったのは次の年からでした。一年目は全く考えていなかったのですが、運動会と言う行事がなかったのです。

一年経った時から始まった運動会は、保護者も収容出来る様に、近所の小学校の講堂で行われました。屋内のなので天気に左右される事なく毎年開催されました。

初めての運動会ではちょろちょろして遊戯を全くしませんでした。クラスに一人はいる、じっと出来ない子みたいな感じでした。

親戚に落ち着きの無い子だねと言われました。まだまだ1歳児ですので、これ位、状況を分かっていなくてもいいと私は思っていました。

それから、毎年先生の言う事をきちんと聞く優等生タイプとなり、少し小柄ですがすばしっこく走り回ります。

昨年は初めて、学年ごちゃまぜのリレーがありました。動画で納めようと思いましたが、あまりにも親が白熱し本人の走りも速かった為もたもたしている内に前を通り過ぎてしまいました。

本年は最後の学年です。リレーは第一走者だそうです。一緒に自分によりも速い子と走るみたいで、今から「負ける~~~」と付箋を張っています。親としてはどちらでもいいです。本人が一生懸命楽しんでくれる事が何よりです。

アンカーではないのかとは思ってしまいました。他に数名速い子がいるみたいです。ただ、当日休みが出たら二回走る事に任命されているみたいです。

そんな重要なポジションである事も、親としては誇らしいです。どんな一日になるのか、子どもよりも楽しみにしていたみたいで、なかなか寝付けず大変早く起きてしまいました。